腐葉土エキス

久々に見なおしてみて、いちばん肝心なことを書いていなかったって気がついたので、補足しておきます。

以下では微量元素供給だのについて書いていますが、

腐葉土エキスは、まず第一に窒素を供給する肥料になります。

熟度があがった腐葉土にもっとも大量に含まれる必須元素は窒素分です。ほとんど窒素肥料だと思うべきでしょう。

つまり、腐葉土エキスをあげるのなら、窒素肥料を別にあげちゃダメだ窒素過剰になってしまう ってことです。

大量に出るトリミングクズ。これを使って腐葉土を作っています。

水草を軽く乾かして水気を抜いてバケツに放り込んで、その上に既成の腐葉土を撒いて覆ってバケツに蓋をする...これを繰り返しているだけです。

ただこれだけでもかなり時間は掛かりますけど、よく分解されて腐葉土化していきます。腐葉土化を早めてくれる発酵促進剤も売っているのでそういうのを使えばもっと早く出来るんでしょうけど。

 

 

水草を放り込んだ状態。

 

 完熟状態。

 

で、これを何に使うのかというと、

  1. セット時に底床に仕込む腐葉土をつくる。
  2. 腐植質の消費が進んできた水槽の底床に追肥として入れる。

1.はともかく、2.の「水槽に後から腐葉土を入れる」ってどういうことなのか?というと、

私は、底床供給器と呼んでいるしくみを底床内に入れています。

簡単に言うと、底床内に空間をつくってそこと水槽外をパイプで繋いだだけのものです。底床内に肥料を入れたい時とかはこれを使って液肥を入れているわけですね。

これを使って腐葉土を入れるわけです。

 

もちろん、腐葉土そのままでは水槽の外と底床内を繋いでいる3mm経のパイプを通りません。

そこで「腐葉土のエキス」を入れます。

 

先のやり方で次々にトリミングクズを放り込んで腐葉土を作っていると、一番上は枯れただけの水草、その下は分解が進み始めた水草、そして最下層は(たまに水気を十分に切っていない水草を放り込んだりするいい加減な作り方をしているせいもあるんですけど)分解されて粉状になったものが黒い泥のようになった部分があります。泥炭:ピート状態ですね。

 

この一番下の部分を取り出して、適当な荒目の布で包んで絞ってやると微粉混じりの真っ黒い...濃い焦げ茶色の水が出てくるんですね。これを私は腐葉土エキスって呼んでいるわけです。 

 

これをビンに取って、念の為にレンジでチンして殺菌します。

 

 

 

これをシリンジを使って、底床内に送り込むわけです。

 

底床供給器を使わない場合は...微粉を取り除いて水分だけにすれば注射器で底床内に入れられますよね。注射針ではなくて、先が細長いスポイトを使えば微粉も含めて入れられますね。きっと。

このあたりはやったことはないですけど。

ちょっと無理がありますかね。

 

こんなものを使うのは、私が「水草用の総合肥料」を使っていないからというのもあります。

微量元素まで適切に含まれた総合肥料を使っていれば、当然ですが微量元素不足にはならないわけですが、カリだの窒素だのを個別にあげていたら微量元素不足は確実に進んでいきます。

 

農業の分野でも、微量元素不足は主に堆肥や腐葉土を使っていない畑で起きます。主要な元素に的を絞った化学肥料ばっかりあげているといつのまにか微量元素不足になっちゃうんですね。

 

微量元素だけの肥料というのも売ってはいるのですけど、農業・園芸用のものはホウ素(ボロン)の割合がかなり多めに...一桁多く配合されていて、水槽には使いにくいものばかりです。ホウ素はちょっと多めになってしまうだけでエビなどにはかなり毒ですし。

 

なので、水草用の総合肥料を使わないのであれば、こんなことをやってみる必要も出てくるわけです。

 

それとこれはあくまでも私の気持ちの問題ってくらいなんですけど、腐葉土エキスを底床に入れると、エビなどの調子が良くなるような気もしています。

 

追記1

冒頭で、腐葉土はほぼ窒素肥料と書きましたし、微量元素のことも書いていますが、他にも施肥面での効果はあります。

ソイルが陽イオン交換能を持っているのは、ソイルに豊富に含まれる腐植質による部分が大きいとも言えます。腐葉土エキスには豊富に腐植質が含まれていて、これの供給は陽イオン交換能を維持しアンモニウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどと結びついてこれらをよく保持することにつながります

また、も植物が利用しやすくまた壊れにくい腐植酸鉄がつくられやすくなります。

腐葉土には炭素分も含まれるので、底床微生物の働きも活発になり、ソイルの団粒構造が維持されやすくなる・通水性が維持されやすくなる...などのメリットもあります。


追記2

腐葉土エキスは作り方で状態が大きく変わると思うので、あくまで参考ですが、うちの60cm水槽では、窒素肥料がわりに、多い時で週に30〜50mlくらい入れています。

大量の水草が元気に成長している時がそうなのであって、あくまでも窒素肥料ですから、やり過ぎると緑藻だらけとかになる可能性が大です。

どの程度が適量なのかは各自の責任で判断してください。

最初から数十ミリとか入れないでもっとずっと少ない量からはじめて、様子を見ながら増やしていく方が良いと思います。ただ、尿素水とかほどに施肥量に神経質になることもないと思いますが。


腐葉土エキスの保存について

腐葉土エキスは、いったん殺菌などをしても、フツーに保存していればまたすぐに発酵を始めます。

以下、保存上の注意点など

  • 出来れば、作り置きはしないで、使う時に必要なだけ腐葉土から絞るのがイチバンです。
  • 容器に保存するようなときは、いっぱいに入れて保存しないようにしましょう。嫌気性のバクテリアが増えてドブ臭い臭いがするようになります。半分くらいは空間を開けましょう。その上で出来れば空気穴も開けておくこと。またたまには撹拌してガス抜きをしましょう。
  • もしドブ臭い状態になっても、何度か繰り返しよく新鮮な空気を撹拌しながら混ぜればガスも抜けて1−2日で元に戻ります。出来ればバット・大きめの平たい容器に入れてよく空気に触れるようにして置くと早くまた使えるようになりますね。

追記3

腐葉土を絞ってつくっていると作れる量に限度があるので、最近では完熟した腐葉土をひとつまみ ちょっと水槽水も加えて、ジューサーで粉砕撹拌してつくっています。腐葉土エキスっていうより腐葉土ジュースですね。もちろん最後に電子レンジで滅菌して出来上がり。


コメント: 2
  • #2

    rotala (月曜日, 30 3月 2015 21:48)

    リンが少なめに出来ているのかどうかは測定したことが無いので分からないです。残念ながら。

  • #1

    匿名 (月曜日, 30 3月 2015 20:58)

    うちの腐葉土はリンが結構あるっぽいですが
    水草から作るとその辺少ないですかね