Mg液肥

2016.3.28

マグネシウム(Mg)液肥をつくって半年ほど使用しているのですが、経過が良いのでレポートします。

 

Mg欠乏の典型的な症状は、

下葉(旧葉)から緑色が抜けていくのが早い。

全体的に白っぽくなっていく。

葉脈には緑色が残る。

分かりやすいのはオークロとかの葉。

です。

 

ただ、MgはK(カリウム)と拮抗するので、もしかしたら本当の原因はMg欠乏というよりKの添加過剰なのかもしれません。

 

詳細は、ここ(必須元素別の理解)やここ(CaMg液肥)なども参考にしてみてください。

 

作り方は、

硫酸マグネシウム(MgSO4)を買ってきます。

入浴剤でエプソムソルトとして売っているものは、硫酸マグネシウムです。食品添加物クオリティで硫化マグネシウム100%のものを選べば良いですね。

Amazonとかでも簡単に入手できます。

 

500mlのペットボトルに25gの硫酸マグネシウムを入れて、水で満たしてよく溶かせば、Mg1%程度のものができます。

 

使い方は、

私の場合は、カリウム(K)3%の液肥と等量程度...つまりは濃度を考えたらカリウムの1/3くらいですね...を、入れています。

具体的には、60規格水槽にびっしり成長力のある水草が生えている状態で、週に6mmlとかです。

これは状況に応じて少なめからはじめてみると良いですね。

 

これを使い始めてからは、分かりやすいMg欠乏症状が消えたというだけではなくて、全般的に良い感じです。

例えば、トリミングした時に見えてくる下葉の状態とか。

...水槽のライフサイクルに関係することもあるので、本当にこの液肥のお陰なのか否かは厳密には、私には分からないのですけど。

 

それともしかしたら、この液肥で 実は S 硫黄分が効いている可能性もあります。

Sは中量必須元素に分類されますが、ソイルやエサなどに豊富に含まれているので通常は殆ど気にされません。

ソイルで長期維持していて(この時点で、うちの水槽はリセットから2年以上経過しています)、エサの投入量も少なく、水草がびっしり大量に入っていれば、もしかしたらS不足になっていたのかもしれません。

 

分からない だらけで申し訳ないですけど。

 

特に、Mg液肥添加を始めてからの嬉しい誤算は、

黒ヒゲを全く見なくなったことです。

 

もちろん、これも本当にMgが黒ヒゲと関係しているのか否かは私には分かりません。

 

ただ、以前であれば、P(リン)を含む液肥をそれなりの量入れたりすれば、必ず黒ヒゲが増えてきたりしていたのに、今は、それでも出てこないんですよね。こんなことは以前は無かったんです。

 

いちおう関係ある前提で考えてみると、

Mgは、Pの吸収や使用に深く関係しています。
Mgが足りないとPが吸収されにくくなるんです。

なので、Mg液肥添加によって水草のPの吸収活用効率があがったのかも??なんて考えています。
まー結局のところ分からないんですけど。

 

コメント: 0